ウォーキングで効果をアップさせる方法

ウォーキングのダイエット効果をアップさせるポイントとは?

有酸素運動として取り上げられることも多い「ウォーキング」。
ウォーキングの良いところは、道具も必要とせず、かつ負荷も軽いので運動習慣のない人でも無理なく継続しやすいという点ですね。
「ただ歩くだけで痩せるのかな…」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、同じウォーキングでも、ちょっとしたポイントを押さえれば効果がぐんとアップします。

 

ウォーキングのダイエット効果をアップさせるには、まずは歩き方に気を配るのが大事。
具体的には、背筋をピッと伸ばして大股で歩くということ。腕は大きく振って、ややスピードも速めで歩くと消費カロリーも変わります。

 

また、ウォーキングする時間帯として最もおすすめなのは朝食前の時間帯です。
この時間帯はその前の食事(前日の夕食)から時間が経っているので血液中の糖もかなり少なくなっています。
そのため、有酸素運動をした際にエネルギーとして脂肪が使われやすくなるのです。

 

そして、ウォーキングだけではなく自宅で筋トレもプラスするとさらに効果はアップします。
筋トレをして筋肉をつけることで代謝がアップし、ウォーキングの脂肪燃焼効果が上がるのです。

 

いずれにしても、無理せずにきちんと継続するということが最も大事です。
体を動かすことはストレス解消にもなります。もし可能であれば友人や家族と一緒に楽しく取り組めると良いですね!

 

関連ページ

ダイエットにはコーヒーがいい!?
ダイエットにはコーヒーがいいって本当なの?調査してみました!
脚痩せできるダイエット
脚痩せが綺麗にできるダイエット方法をご紹介します。