体幹トレーニングが注目されている理由!

体幹トレーニングってそもそも何?

体幹とは手足以外の胴体部分のことを指していて、体幹を鍛えることは姿勢が美しくなったり、太りにくい身体になったりと女性にとって嬉しいことばかりなのです。体幹トレーニングの主な効果は、姿勢が良くなることで便秘や肩こりや腰痛が改善されること、骨盤が安定するので冷え性や生理痛が緩和されること、基礎代謝が上がるため痩せやすい体質になること、内臓が正常な位置に戻るのでウエスト周りが引き締まることにあります。他にもヒップアップやバストアップにも繋がりますので、まさに女性には嬉しいことだらけなのです。
体幹を鍛えるための簡単なトレーニングを紹介します。
「プランク」うつ伏せ状態から肘を肩の下につき腰と足を床から離して一直線になるようにします。この状態で息を吸ったり吐いたりしながら一直線をキープして下さい。慣れてきたらこの状態から片足を上げます。30秒を3セットを目標に頑張りましょう。
「サイドブリッジ」横向きになり肘を曲げて床につきます。足首を曲げたままで体を持ち上げるようにして支えます。こちらも30秒の3セット目標に頑張りましょう。バランスが悪くならないよう、両側行うようにして下さい。
体幹を鍛えることは嬉しいことだらけですので、継続して鍛えて女性らしい理想の身体を手に入れましょう。

 

話題のエクスレンダーについては
下記のサイトを参考にしてください。

 

 

エクスレンダーの最安値の販売店は?

ダイエット中に間食したくなったら? 食べたいときの対処法

ダイエットをするとき、間食はできる限り減らしたいものです。しかし、食欲を抑えるというのは、そう簡単なことではありません。どうしても食べてしまい、なかなか痩せられないこともあります。
そこで、間食したくなったとき、ダイエットを妨げずに切り抜けるためのコツを紹介しましょう。

 

<本当に食べたいのか考えてみる>
間食をしたくなったら、その前に少し冷静になって、「本当に食べたいのか」「どうしても食べなければならないのか」と考えてみましょう。そうすると考えが変わり、食べずに済むことがあります。
間食をしたいときは、「食べたい」という気持ちが強くなっているので、実際は空腹でなくても、思い込みで食べてしまうことが多いものです。そのため、頭を冷やして自分に問いかけてみると、意外にすんなりと欲求が治まることがあるのです。
したがって、食べたくなったからといって、すぐ行動に移すのはやめましょう。まずは落ち着いて、自分と向き合ってみてください。また、散歩をしたり音楽を聴いたり、気分転換を図るのもおすすめです。そのうちに、空腹の錯覚がなくなることもあります。

 

<ガムを噛む>
自分に問いかけた結果、やはり間違いなく空腹であることがわかったとしても、諦めるのは早計です。そんなときは、ガムを噛んでみましょう。噛むという行為は、満腹中枢を刺激するため、胃に食べ物が入らなくても、満腹感を感じることができるのです。ガムの糖分は少し気になるところですが、ダイエットに影響するほど多くはないので安心です。
どうしても気になるという人は、シュガーレスのガムであれば、確実に糖分を抑えることができるでしょう。

 

<太らないものを食べる>
どうしても空腹を紛らわすことができない場合は、無理に我慢するのはよくありません。ストレスが大きくなり過ぎた結果、ダイエット自体を投げ出してしまうことも多いのです。そのため、どうしようもないときは、思い切って食べてしまいましょう。
ただし、好きなものを思う存分食べたりしてはいけません。なるべく低カロリーで、少量でも満腹感を感じるようなものが望ましいです。ドライフルーツなどは、ダイエットに最適な食物繊維を摂取でき、噛み応えがあることで満腹中枢も刺激できるので、おすすめの食べ物です。

 

<まとめ>
間食をしたくなったときは、上記のような方法を使えば、ダイエットを妨げることはありません。
もし食欲に勝てなくても、太らない食べ物なら影響は少ないので、くれぐれも無理をしないように気をつけてください。自暴自棄になってしまうと、ダイエットの成功は難しくなります。
成功させるためには、無理のない方法で、なるべく継続することが大切です。

更新履歴